ビットコインの利用者が増えている理由

売り手と買い手が金融機関を介さずお金のやりとりができる

ビットコインは代表的な仮想通貨です。仮想通貨とは、現金のように紙幣や硬貨といった実態を持たず、オンライン上でやりとりできる通貨のことで、利用者が増えています。

なぜビットコインのような仮想通貨を使う人が増えてきているのかというと、まず、金融業者を介さずにやりとりができるということが挙げられます。以前まで、売り主と買い主が直接お金のやりとりをするためには、基本的に会うしかありませんでしたが、仮想通貨であれば売り主と買い主の居場所がどれだけ離れていようとも直接お金のやりとりができるのです。

匿名性を保って所持することができる

直接やりとりできるようになると、まず、金融業者に支払う手数料がかからなくなります。クレジットカードは、一括払いであれば利用者が負担する手数料はありませんが、売り手側がカード会社に手数料を支払わないといけません。仮想通貨であれば、売り手も買い手も、どちらも手数料を払う必要がないのです。

また、ある程度の匿名性を維持して財産を所有することが可能というのも大きなメリットの一つです。取引所のアカウントは、メールアドレスや携帯番号の提示程度でも作成が可能で、銀行口座の開設のように必ず公的な個人証明書を提示する必要はありません。

日々レートが変化していることに注意

今後、今以上に取引できるショップが増えていけば、ビットコインでネット決済を行う人も増えていくのは間違いないですが、仮想通貨を海外で利用する場合は注意が必要です。それは、外国の通貨のようにレートがあるということです。

ビットコインだけではなく、仮想通貨は実際の通貨に換算するといくらというレートが日々変わっているので、当然、価値が上がることもあれば下がることもあります。なので、ビットコインで決済した方がいいのか、クレジットカードで決済した方が得なのか、確認が必要なのです。

ビットコインは仮想通貨の一つで、国が管理しておらず、個人間で取引を行うため、外国への送金も時間をかけること無く行うことが可能です。